信頼性向上Reliability Improvement

ミツバでは、その製品が世界のあらゆる地域に行き渡り、 多様な環境のもとでもお客様に満足して使っていただける製品を提供し続けていきたいと考えています。そのため、耐熱・耐振・耐候等の、あらゆる角度から信頼性向上のための試験を行っています。

さらに実車搭載時の信頼性についても、「ビルトインチャンバー」を用い、- 50℃から+ 85℃までの低温や高温環境下で各電装品の温度タフネス性やシステム作動状況を実車ベースで確認しています。

「シャーシダイナモ」では、実走行状態のエンジンルーム環境をシャーシ台上で再現し、各電装品のシステム作動状況や温度などの走行信頼性を早期に確認しています。「風洞試験室」では、230km/h の高速走行環境でのワイパー性能評価を行っています。その他、低騒音化技術による製品性向上を図るための「無響室」や、流れの可視化技術によって渦騒音を改善する「PIV 試験」、電磁ノイズの耐力アップによる製品性向上を図るための「電波暗室」などがあります。

また、車載用電子制御システムの開発は信頼性と機能安全を高いレベルでタイムリーに実現するため、MBD(モデルベース開発)化を推進しています。
開発初期段階の仕様検討から開発プロセス、量産までを通して管理基準を規定し、制御システムの安全保証を実現する方法としてHILS(Hardware-In-the-LoopSimulation)等の先進設備を取り入れた開発を行い、製品のさらなる信頼性向上を図っています。

風洞試験室
風洞試験室(ワイパー高速性能評価)

四輪シャーシダイナモ
四輪シャーシダイナモ

二輪シャーシダイナモ
二輪シャーシダイナモ

さまざまなシュミレーション試験

私たちが生み出した製品が世界のあらゆる地域に行き渡り、多様な環境のもとでも、安全・安心にお使いいただけるよう、耐熱・耐振・耐候等、あらゆる角度から信頼性向上のための試験を行っています。

浸水路試験 浸水路試験

音響ホログラフィー 音響ホログラフィー(音の可視化実験)

半無響室 半無響室

ビルトインチャンバー ビルトインチャンバー

PIV PIV(流れの可視化実験)

電波暗室 電波暗室