「自動運転を核とした地域密着型のモビリティネットワーク構築の実証実験」の結果報告

当社および当社グループは、2019年5月25日および26日の2日間、国立大学法人群馬大学(学長:平塚浩士)、群馬県桐生市(市長:荒木恵司)と合同で、複数の種類の自動運転車両(バス、コミューター(ミニバン)、超小型電気自動車(一人乗り))を同時に用いたマルチモーダル型移動の公道実証実験をおこない、計76名の市民モニターの方等に参加いただきました。

実証実験の結果については、以下の結果報告書をご覧ください。
実証実験結果報告書

以上

≪本件に関する問い合わせ先≫

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム