「自動運転を核とした地域密着型のモビリティネットワーク構築の実証実験(2019年5月)」の構想を発表

~ 桐生市の公道で、複数の種類の自動運転車両(バス/コミューター/パーソナルモビリティ)を同時に用いた市民乗車体験の実証実験をおこないます~

当社および当社グループはこの度、国立大学法人群馬大学(学長:平塚浩士、以下「群馬大学」)、桐生市(市長:亀山豊文)と合同で、桐生市における地域の移動課題の解決に向けたモビリティネットワーク構築のための社会実装研究の一環として、2019年5月25日および26日の2日間、複数の種類の自動運転車両を同時に用いた公道実証実験をおこないます。

なお本件について、2018年11月27日に、桐生市および群馬大学と合同記者会見を開催いたしました。

詳細は、報道発表資料をご覧ください。
報道発表資料

実証実験
実証実験

以上

≪本件に関する問い合わせ先≫

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム