文化講演会開催について

このたび当社では、上智大学外国語学部教授・上智大学イベロアメリカ(ラテンアメリカ)研究所所長の堀坂浩太郎教授をお招きし、講演会を開催することになりました。
いま何かと話題を集めるBRICsの一角を占め、ラテンアメリカで最大の経済大国、ブラジル。そんなブラジルの科学技術は多岐に渡り、潜水艦や航空機にまで及んでいます。また、環境に優しいバイオマスエタノールを燃料とする自動車生産で先行。海底油田の開発にも精力的であり、国内企業の中には大西洋沖合いの海底油田の探索に成功し、世界トップレベルに成長した企業もあります。
今回、上智大学でラテンアメリカの研究をされている掘坂教授から、実務に役立つお話や興味深いお話を聴くことができることと思います。
つきましては、当社の社員だけでなく、この機会に地域の皆様にも聴いていただけたらと考えて、ご案内いたしました。ご来場をお待ちしております(入場は無料です)。
文化講演会概要は以下の通りです。

テーマ 「南米の新興国(BRICa)ブラジルーその特性と強み」
講 師 上智大学外国語学部教授・上智大学イベロアメリカ(ラテンアメリカ)研究所所長
堀坂 浩太郎氏(ほりさか こうたろう)氏
日 時 11月4日(火) PM 5:15~
場 所 ミツバビル 4階会議室

【講師略歴】
国際基督教大学卒業後、1970年に日本経済新聞(証券部)に入社。その2年後に国際開発センターに出向し「ブラジル経済開発調査」に従事する。その後、日本経済新聞に戻り、中南米特派員としてサンパウロ支局に配属となる。1983年に上智大学外国語学部専任講師兼イベロアメリカ研究所所員となり、以後、助教授を経て現在は教授。2006年に上智大学イベロアメリカ研究所所長に就き、現在に至る。
主な著書
「ブラジル新時代-変革の軌跡と労働者党政権の挑戦」
「現代ブラジル辞典」
「南米南部地域における天然ガスインフラ整備と地域統合」
など

≪本件に関する問い合わせ先≫

総務部 広報グループ 田畑徳義まで
TEL : 0277-52-0187(直通)

e-mail : koho@mitsuba.co.jp