会社情報COMPANY

トップメッセージ

次世代に向けた新価値商品の創出とともに、事業構造改革の推進により、企業体質の強化に取り組んでおります。

代表取締役社長 北田 勝義

当社は2020年4月より「収益力・キャッシュフロー創出力の強化による財務体質の改善」を基本方針とし、5か年計画の第12次中期経営計画をスタートしました。

第12次中期においては、重点課題として、次世代に向けた新価値商品の創出とともに、事業構造改革の推進により、企業体質の強化を掲げております。
 四輪事業につきましては、次世代システム商品の開発を、二輪・汎用事業については、環境対応商品の開発を強化し、積極的な拡販を図ってまいります。
 また、事業の選択と経営資源の集中および商品競争力の向上によってフリーキャッシュフローを改善し、財務体質の強化を目指してまいります。

私たちが所属する自動車産業は、「CASE」と呼ばれる、100年に一度の転換期を迎えております。内燃機関からEVへのシフト、技術進化の主役がエンジンから電動化へ交代しています。当社が提供する価値は従前より、モビリティー社会への利便性・快適性・安全性を標榜しており、それを支える技術も、創立以来、連綿と受け継がれ、文脈を構成してきています。

今後とも「社会と環境の調和した技術」を通して「世界の人々に喜びと安心を提供する」という当社理念のもと、社会の一員としての義務を果たし、期待に応え、信頼される企業となるよう努めてまいります。

代表取締役社長代表取締役社長 サイン

EN | 日本語