2009年3月期業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向等を踏まえ、2008年5月9日に公表した2009年3月期(2008年4月1日~2009年3月31日)の業績予想及び配当予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

1.2009年3月期通期 連結業績予想数値の修正

(2008年4月1日~2009年3月31日)

(金額の単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
240,400
百万円
5,100
百万円
5,300
百万円
2,000
円 銭
44.17
今回修正予想(B) 213,000 400 100 △3,400 △75.11
増減額(B-A) △27,400 △4,700 △5,200 △5,40
増減率(%) △11.4 △92.2 △98.1
(ご参考)前期実績
(2008年3月期)
225,440 3,841 3,897 649 14.35

2.2009年3月期通期 個別業績予想数値の修正

(2008年4月1日~2009年3月31日)

(金額の単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A)
(2008年11月26日発表)
百万円
150,300
百万円
1,100
百万円
2,100
百万円
1,100
円 銭
24.29
今回修正予想(B) 140,000 △2,100 900 320 7.07
増減額(B-A) △10,300 △3,200 △1,200 △780
増減率(%) △6.9 △57.1 △70.9
(ご参考)前期実績
(2008年3月期)
150,321 △348 977 △490 △10.82

3.修正の理由

2009年3月期の第3四半期以降は、日本経済の減速で企業収益の悪化や個人消費の減退が懸念され、海外経済は米州・欧州での後退局面と新興国での更なる減速の恐れがあり、経済環境は厳しさを増すと予想されます。

このような環境の中、当期の連結業績につきましては、日本及び北米を中心としたカーメーカーの急激な減産による受注減により、当社グループの売上高は前回予想を27,400百万円下回る213,000百万円となる見通しとなり、利益につきましては原材料価格の高騰等による費用増加を原価低減活動、経費節減等で補うべく諸施策を展開しておりますが、急激な売上減少及び対ドルでの新興国通貨の急落の影響を吸収できず、営業利益400百万円(前回予想値5,100百万円)、経常利益100百万円(前回予想値5,300百万円)、当期純損失3,400百万円(前回予想当期純利益2,000百万円)となり、平成20年3月期決算発表時(2008年5月9日)に公表した数値を下回る見込みです。

また、個別業績につきましても急激で大幅な販売減少及び円高による為替の影響と、原材料価格の高騰等の影響により、売上高140,000百万円(前回予想値150,300百万円)、営業損失2,100百万円(前回予想営業利益1,100百万円)、経常利益900百万円(前回予想値2,100百万円)、当期純利益320百万円(前回予想値1,100百万円)となる見込みであります。

4.2009年3月期 配当予想の修正

1株当たり配当金
基準日 期 末 年 間
前回発表予想
(2008年5月9日)
8円00銭 8円00銭
今回修正予想 6円00銭 6円00銭
前期実績(2008年3月期) 6円00銭 6円00銭

5.配当予想の修正理由

当社は、企業価値を高めながら株主の皆さまに利益還元を図ることを経営の重要課題と位置付けており、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営基盤の強化のために必要な内部留保を確保しながら、安定した配当を継続していくことを基本方針としております。当期の期末配当金につきましては、当初1株当たり8円を予想しておりましたが利益水準を鑑み、また、今後の収益基盤の強化を図るため当事業年度の期末配当予想を修正し、1株当たり6円とする予定であります。

(注)上記の予想は、発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績につきましては、今後さまざまな要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。

 

本日標記について発表致しました。

≪本件に関する問い合わせ先≫

総務部 広報グループ 田畑徳義まで
TEL : 0277-52-0187(直通)

e-mail : koho@mitsuba.co.jp