ミツバの目指す姿Message from COO

グループ全体の付加価値向上と持続可能な利益体質の実現を目指してまいります。

新興国の経済成長による販売台数の増加や、環境負荷を低減し、持続可能な社会を実現する燃料電池車の登場、ユーザーの安全性を向上させる衝突回避システムなど、自動車産業におけるグローバルマーケットは、今後ますます多様化してまいります。

このような経営環境の中、当社は2014年4 月より「グローバルで成長する」のスローガンのもと、3カ年計画の第10次中期経営計画をスタートしました。輸送用機器関連事業を中核事業と位置付け、グループ力の結集と経営資源の有効活用により、グローバルでの成長と収益力の向上を目指す経営を推進いたします。

第10次中期経営計画も3年目に入り、付加価値向上と持続可能な利益体質の実現を目指し、多様化するお客さまのニーズに応える提案型の営業活動と魅力ある商品の先行開発によりビジネスの拡大を図ってまいります。その実現のために、グローバルの開発体制では、生産性向上と現地最適の商品開発、そして自動車の進化に対応する先行技術開発の強化を図るとともに、品質保証体制では、商品の不具合発生を未然に防止する品質管理に注力してまいります。また、引き続き拡大が見込まれるメキシコやインド、東南アジアを中心に投資を行い、コスト競争力の強化と安定供給を実現する最適な生産供給体制の構築に努めてまいります。

おかげさまで、当社は創立70周年を迎えることができました。これからも社会に対し、企業としての責任を果たし、世界中のステークホルダーの皆さまから、好感を持って受け入れていただける魅力ある企業へと成長し、企業理念である「世界の人々に喜びと安心を提供する」を実現してまいります。

代表取締役社長
長瀬 裕一

代表取締役社長 長瀬