MITSUBA WAY とは

ミツバ理念/MITSUBA WAY

MITSUBA WAYとは、創業以来ものづくり企業として大切にしてきた、ミツバのDNAとも言える考え方を核とし、社員一人ひとりが理解し、考え、判断し、日々の実践行動をするための行動規範を示したものです。

拡大する世界市場において、様々な仕事に取り組むミツバグループのすべての構成員が心を一つにして、企業理念を実現するための基準となるのがMITSUBA WAYです。

ミツバが創業以来もの造り企業として大切にしてきた考え方を「夢の創造」「挑戦する心」「技とスピード」の3つの核とし、それをさらに8つの領域に分けました。

制定にあたって(会長日野より)

夢の創造

1信頼の構築

商品を使っていただくお客様を始め、お取引先様・株主様・地域社会との信頼関係をより強固なものにしていくことが、私たちの使命です。ミツバという名前そのものが、「社会と環境に調和する技術」や「喜びと安心」という価値の代名詞となることを目指し、国内はもとより、世界にミツバブランドを拡げていきます。

mitsubaway_img01
mitsubaway_img02

2新しい価値の提案

QCD(品質・コスト・納期)を満足した上で、独自性や新たな優位性のある提案をし、感動していただけた時、はじめてお客様から選ばれます。商品価値のみならず、すべての仕事で期待以上の価値を提案し実現していく「提案型企業」を目指します。

挑戦する心

3当事者としての自覚

常に「自分のできることは何か」という当事者意識を持つ人が多いと、自律的で活き活きとした職場になります。また、職場の決め事を守り、一人ひとりが企業人としての義務と責任を果たすことで、社会の期待に応え、信頼される企業となることを目指します。

mitsubaway_img03
mitsubaway_img04

4自発的な成長

現状に甘んじることなく、社員一人ひとりが、自らの意思・意欲で高い目標に挑戦し成長することが、人を活かし人に生かされるミツバの基本です。自分のありたい姿を描き、切磋琢磨(せっさたくま)する環境の中で仕事と学習を通じて成長することを目指します。

5チームワークの発揮

もの造りを基本とする私たちの企業は、個人プレーのみでは成果(お客様満足/収益)を生み出すことができません。企業の成果を最大にするために、強い個人が、きちんと役割と責任を果たし、全員で協力して組織力を発揮します。

mitsubaway_img05

技とスピード

mitsubaway_img06

6技術・技能の研鑽

商品・サービスや仕事の品質を高めるためには、社員一人ひとりの技術・技能の研鑽とその確実な継承が欠かせません。商品だけでなく、すべての仕事で世界に通用する技を磨き、確実に継承します。

7三直三現

もの造り企業の基本として、すべての職場で机上の空論を排し、現場現物で本質を見極めます。また、現場感覚を大切にし、状況・環境の変化にスピードを持って対応していきます。

mitsubaway_img07
mitsubaway_img08

8継続的な改善

環境変化の激しい中、グローバル競争を勝ち抜けるQCDを達成し続けることが必要です。そのためには、社内最善を標準化によって共有した上で、目で見る管理で、ムダ、ムラ、ムリを徹底的・継続的に改善し、進化し続ける企業となります。